グロインペイン症候群とは

グロインペイン症候群とは和名で「鼠径(そけい)部痛症候群」と呼ばれていて、一つの症状に対する名前ではありません。

私は当初、サッカー選手に多いため成長を意味する「growing」が由来で成長痛の一種だと思っていました。

実際は鼠径部を意味する「groin」と痛みを意味する「pain」を合わせた言葉だそうです。

「恥骨結合炎」「内転筋腱障害」「腸腰筋の機能障害」「鼠径管後壁欠損」「スポーツヘルニア」「外腹斜筋腱膜の損傷」、などの障害を総称して「グロインペイン症候群」といいます。

グロインペイン症候群の原因とは?


原因の多くは筋肉のオーバーワーク(使いすぎ)による筋肉や腱の炎症です。
主に内転筋やハムストリングス、大腿四頭筋の使い過ぎです。
アスリートは別として一般の人がグロインペイン症候群になる原因としては
・体幹から股関節周辺の筋肉が固い
・股関節を不自然に動かすことが多い (スポーツでは主にサッカー)
・股関節周りの筋力低下
・股関節のねじれ
・骨盤のアンバランス
このような状態で運動すると痛みを起こすリスクが高まります。

グロインペイン症候群の症状は?

ランニングや起き上がり、キック動作など腹部に力を入れたときに鼠径部やその周辺に痛みが生じます。
運動する時だけ痛みが出る人もいますが、重度だと歩くだけでも痛いことがあります。
痛みをかばいながら運動を続けると他の場所に負担がかかり腰や反対側の股関節にも痛みが出ることもあります。

グロインペイン症候群の種類は?


【内転筋腱障害】
内転筋炎や内転筋付着部炎とも呼ばれ、股関節の内側の筋肉の使い過ぎにより炎症が起きた状態です。
インサイドキックを多用するサッカー選手に多い炎症です。

【恥骨結合炎】
恥骨結合の軟骨円板に捻れや、また恥骨に付着している様々な筋肉(大内転筋、腹直筋など)の牽引力によるストレスがかかり、炎症が生じます。
妊娠中にも恥骨が炎症を起こすことがあります。これは妊娠すると恥骨結合がゆるみ、この状態で運動したり屈伸するような動作を繰り返すと炎症が起き歩行困難になることがあります。

【スポーツヘルニア】
鼠径管の後壁が弱体化した状態で腹圧がかかり、鼠径管やその周囲の組織を圧迫することによって痛みが発生します。
キック動作やランニング、急なステップを繰り返し行うサッカー選手に多く見られ、キック時の股関節の屈曲、内転、捻りが腹部に圧力の掛かる原因と考えられています。

その他に大腿直筋縫工筋の起始部の炎症もグロインペイン症候群に含まれることがあります。

グロインペイン症候群の治療法とは?

グロインペイン症候群には決定的な治療法はありません
とりあえずは安静が一番ですが運動を再開するとまた同じ症状が現れてくることもあります。
グロインペイン症候群は鼠径部周辺への筋力の低下を伴いますのでそれを改善しない状態で、再度、ボールを蹴ったりする動作を行なうと筋肉が負荷に耐えられないために、痛みが復活しやすくなるのです。
従って、電気治療、マッサージ、ストレッチだけでは不十分で体幹の筋肉を強化するリハビリが必要となってきます。

プロスポーツ選手にとって安静というのは数週間の離脱を余儀なくされ治った後も再発の恐れからパフォーマンスが低下してしまう場合もあります。
サッカーの中村俊輔選手はセルティック時代に股関節痛に悩まされ手術をしています。
インサイドキックの名手、中田英寿選手は股関節痛に悩まされ
早すぎる引退の原因の一つにこのグロインペイン症候群があると言われています。

私の治療院では男子学生が来るとほぼグロインペイン症候群です。

この中でも高校3年生でもうすぐ最後の大会を控えてるケースは非常に悩まされます。
安静を支持したら最後の大会が終わってしまいそのまま引退です。
プロになるわけでない生徒なら走れるならプレイさせてしまう事もあります。

可能ならばしっかり休んで体をリセットさせてからリハビリをしっかりするのが理想的です。

グロインペイン症候群カテゴリの最新記事