先天性股関節脱臼とは

先天性股関節脱臼とは

先天性股関節脱臼


先天性股関節脱臼とは、読んで字のごとく生まれながら股関節が脱臼している状態のことを言います。
ただ、「先天性」とついていますが後天的な要素でも脱臼が生じることもあるため最近は「発育性股関節形成不全」とう名称が使われています
当サイトは一般向けのためみなさんの馴染みのある「先天性股関節脱臼」を使用します

先天性股関節脱臼の原因は?

〈出生前の環境因子〉
骨盤位(いわゆる逆子)を代表とする胎位の異常、多胎妊娠、子宮筋腫、羊水過少などがあります。

〈出生後の環境因子〉
窮屈なオムツや肌着、抱き方やスリングの使用などがあります。これは股関節がつよく曲げられた位置、あるいは伸ばされた位置で固定されてしまうことから、先天性股関節脱臼が発症すると考えられています。

また、こうした環境因子以外にも、染色体異常や先天性多発性関節拘縮症など、先天奇形として発症するタイプの先天性股関節脱臼も知られています。

・以前は日本人は脱臼多発国と言われ100人に2~3人もの股関節脱臼の赤ちゃんがいました。最近は1000人に1~3人に激減してます。
・赤ちゃんの脚を伸ばした状態にしないことが重要です。

先天性股関節脱臼の症状は?

乳児期の早い段階から以下のような症状が現れます

  • 足の長さが左右で違う
  • 股の開きが硬い
  • 股の開き方が左右で違う
  • 太ももや鼠径部のシワの数や深さが左右で違う
  • 足の動かし方が左右で違う
  • ・脱臼していると痛そうなイメージですが赤ちゃんには痛みは感じないようです。

    先天性股関節脱臼の治療法は?


    重度な脱臼や麻痺性の脱臼でなければ、生後3ヶ月くらいからリーメン・ビューゲルという装具で治療します。
    この装具を用いると下肢の動きをある程度許容しながら股関節が自然に整復されるため、股関節の変形を残すことが少ない優れた治療法です。

    リーメンビューゲルで治すことができなかった場合には、全身麻酔をかけて脱臼した股関節を手で戻すか(徒手整復)、整復のじゃまになる組織が股関節内にある場合には手術をして整復します(観血整復)。
    この場合、整復後に1〜2週間のギプス固定、さらに数週間の装具の使用が必要になります。

    成長すればするほど整復率は低下していくので早い段階での病院での受診が重要です。

    先天性股関節脱臼カテゴリの最新記事